Gitに関して

From Ecal

Revision as of 19:03, 7 September 2010 by Kino (Talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Current revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

gitに関しては、本をみた方がいいです。webだけだと情報が断片的でちょっと混乱します。

タイトルはおなじですが,中身はだいぶ違ってて、後者の方はだいぶと本格的です。gitの基本原理を説明してくれてるので わかりやすいです。とにかく基本部分が理解できてると早いので「まずこれらの本をみる」のをお勧めします。 (小谷はネットだけで理解しようとしてちょっと時間を無駄にしてしまいました;ひとによりますが)。

".git"のなかには、branchingさせながらcommmit(格納)された履歴パッケージと、 次のcomitのためのindexファイルがあります。commitするときにはとにかくまず「何が直前の 履歴から変更されたか?」がgit statusで表示されるので(直前の履歴と現在の 作業ツリーの差分も簡単にみれる)、それをみながら、なにをコミットするかを教えてやります。 コマンドとgit guiを併用しながらやっていくのが便利なようにおもいます。

知ってるべきこと

  • gitのコマンドラインでのコマンド。最低限git clone, git push -f,git fetch, git addなど。
  • emacsのgit mode. git-statusが便利。ここからgit-commit,git-amend-commitする。guiモードではgitメニューがでるので使いやすい。ただ、微妙に癖もあるので注意。(メモ:ステージするところを理解しないといけない。revertとdelの違いも注意)。いくつか同時にgitプロセスがたちあがると妙な動作をするようだ

(どうも二つのemacsで同時にgit-statusが立ち上がってると変になるようだ;git-amend-commitなどでときどき変になることもある。そういうときは以下のgitk --allで修復する。)。

  • gitk --all。gitの標準GUI。git cloneしたあと、gitk --allを試して見ることをすすめます。

ブランチの処理はこれでやるのがよい。

  • git memo(日本語)だいぶと混乱ぎみです。。。あまりみなくていいかも。
  • gitのマージアルゴリズム、fast-forwardを理解する。それでないと-fオプションとかはちょっと怖いです。
Personal tools